2017/06/28 1:42pm
Home » 出会いテクニック » Facebook出会いアプリは「交際ステータス」で既婚等を確認
Facebook出会いアプリは「交際ステータス」で既婚等を確認

Facebook出会いアプリは「交際ステータス」で既婚等を確認

真面目な出会いを探している女性にとって出会い系サイト上で知り合った男性が「既婚者だった」「彼女持ちだった」という話は珍しくないようですが、Faceboo出会いアプリの場合は、それをある程度見抜く事が出来ます。

出会い系で良い人が見つかったのに…

  • 実は既婚者で妻子持ちだった。
  • 突然バツイチ子持ちだった事を告げられた。
  • 彼女が居る事が発覚した。

と、こういったケースは珍しくないそうです。これは実際に女性から聞いた話で、僕の体感ですと、出会い系サイトを利用している4人に1人はこういった経験をしているようです。

ですが、Facebook出会いアプリはそういった男性を事前に察知する事が出来ます。

フェイスブック出会いアプリは男性の素性が判る

Facebookを利用している男性の多くは「最初からフェイスブック出会いアプリの利用を目的として利用していない」ので、結構素性を曝け出している物です。男性の場合ですと、友達の数が50人以上の場合は、普通に利用していると考えても良いでしょう。

そこで、その男性の性格、友好関係や女性関係も垣間見えるので、真面目な出会いを求めているのであれば、最初の段階から確認する事をお勧めします。

一般的なポイント制出会い系サイトでは「俺はフェイスブックとかmixiはやってないよ」と、シラを切れるかもしれませんが、フェイスブック出会いアプリではそのような言い分は通りません。

フェイスブック出会いアプリで知り合った男性の交際ステースを確認

フェイスブックには自身のトップページから、基本ステータスの項目に「交際ステータス」というものがあり、

  • 独身
  • 交際中
  • 婚約中
  • 既婚
  • 複雑な関係
  • オープンな関係
  • 配偶者と死別
  • 別居
  • 離婚

と、様々なステータスを設定する事が出来ます。出会いアプリを利用しつつ「交際中」「既婚」等を設定している間の抜けた男性は少ないでしょうが、初期設定の状態ですと、ステータスを変更した履歴も残るので、例え「独身」の状態であっても、

「最後に付合った彼女はいつ位に別れたの?」

等の質問に対する答えが、明らかにフェイスブック上の交際ステータス変更履歴と違った場合は、要注意です。

フェイスブック上の友人からのコメントをチェック

これは、実際に聞いた話です。

フェイスブック出会いアプリで知り合った男性の交際ステータスが「独身」の状態だったのですが、フェイスブック上のコメント欄に、

  • 「○○ちゃんと、上手く行ってるの?今度皆で遊ぼうぜ!」
  • 「何その写真?○○ちゃんとデート行ったの?」

等のコメントがあったそうで、その女性が男性に問いつめた所、その男性には前から付合っていた彼女が存在し、浮気が発覚したそうです。

男性自身が交際ステータスや、写真の痕跡を隠していても、その男性の友人からのコメントで「ん?」と思うような書き込みやチェックインで「彼女持ち」や「妻子持ち」が発覚する事があります。

フェイスブック上のアルバムに最近アップされた写真

フェイスブック出会いアプリで知り合った男性から聞いた「○○位からずっと彼女居ないよ〜。」と、聞いていたにも拘らず、明らかに最近撮られたデート写真やプリクラがアップされているケースがあるそうです。

フェイスブック上に書き込んだ近況や写真には、掲載した日付が確認出来るので、男性側から聞いた女性関係とマッチしない書き込みや写真が残っている事も多々あります。

フェイスブック上で男性の素性は丸裸になる事も

ちょっと探り過ぎなきもしますが、出会った場が出会った場なので、そういった注意は払っておいても良いかもしれません。

感情移入が本格的に入ってしまうと、「彼女が居ても良い!」「妻子持ちでも良い!」だなんて歪んだ恋愛に発展してしまう可能性もあります。

真面目なパートーナーを探す場合、本格的に入れこんでしまう前に、最低限、今の現状に「妻」や「彼女」が居ない事は確認しておきましょう。

Facebook恋活・婚活アプリの登場で、常識のある真面目な出会いの場が誕生しました。本気で、安心な出逢いを求めるなら、間違いなくFacebook恋活・婚活アプリです。

一条敬のお勧め恋活・婚活アプリ

About 一条 敬

一条 敬
ホストの経験から男女間のコミニュケーションを学び、4年間ミッチリと鍛えました。水商売も卒業して、一般社会人として歩み始めたのですが、私生活での刺激や新しい出会いが生まれない現状を打破する為に、出会いアプリを活かし、色々な方々と接点を持ちました。 当ブログでは「出会いアプリ」と「男女間コミニュケーション」についてを書き綴ろうかと思います。

コメントを残す

E-mailとwebsiteは必須項目ではありません

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>