2017/06/28 1:40pm
Home » 出会いテクニック » 出会い系サイトのイケメンにメッセージを送る際の注意
出会い系サイトのイケメンにメッセージを送る際の注意

出会い系サイトのイケメンにメッセージを送る際の注意

出会い系サイトやアプリには、希に目を疑うようなイケメンも登録し、利用しています。そんな男性との出会いを求めてメッセージを送る際、真面目な出会いと恋愛を望むのなら、最低限抑えておきたい注意点があります。

基本的に男性がイケメンであったとしても、モテモテの人生を歩めるわけではありません。ですので、イケメンであっても出会い系サイトの利用に踏み切る事は珍しい話ではないのですが地雷イケメンには注意しましょう。

出会い系アプリに登録しているイケメンの本音

女性側が「イケメンだったら女に困らないでしょ?なんで出会い系サイトなんて利用してるの?」と、お思いなら、それは間違いです。何故なら、男性は、たとえイケメンであっても、同じ私生活をループしている限り出会いは訪れません。

女性の場合なら、軽く繁華街を歩いただけでナンパやキャッチされる事も珍しくないでしょうが、男性の場合ですと、それすら訪れないので出会いは0です。

更に言うと、イケメンの男性が出会い系サイトやアプリを利用するのは、職場等での一般的な出会い、合コン等での出会い、ナンパ、キャバ…と掘り下げていき、最後に到達するのが出会い系となります。

イケメンだから出会いがある・モテる = 出会い系は必要ない

と、言うのは間違いです。イケメンであろうが、就いている職業によって出会いがなく、女性パートナーを求める男性は世に大勢居ます。

僕は専門卒のデザイナーをしていますので、同期の殆どはデザイナーの道へ進んだのですが、イケメンで性格のイケてる男友達も、その過酷な拘束時間により出会いもなく、女性日照りの毎日を送っています。笑

出会い系サイトでイケメンはモテる

僕は別ブログでポイント制の出会い系サイトに関するブログを書いているのですが、そこで攻略法やデータを取るために、イケメンの写真を使い、出会い系サイトに登録した事があるのですが、

圧倒的な数の女性からメッセージが届きます

一般的な男性の場合は、ポイントを消費し、サイト上で仲良くなってからLINEのIDを交換したりするのですが、イケメン写真の場合は、ログインすればその都度「LINEのIDが添付されたメッセージが数通届いている」状態です。羨ましいのですが、これが現実ですね。

こんなにモテてしまうと、悪い癖を引き起こしてしまうのが男の性で、安心してイケメンと接したい場合は、以下の点に注意してください。

出会い系アプリのイケメンと接する際にチェックしたいポイント

真面目に出会いを求めているイケメンも存在しますが、モテて勘違いしてしまった男性や、最初からセックスの相手を探しているだけのイケメンも存在します。

そこで、地雷イケメンに合わない為に押さえておきたいポイントを箇条書きしておきます、是非注意して下さい。

  • 出会い系アプリのログインが頻繁
  • ナルシスト気質の自撮り写真が複数枚
  • ホスト・スカウトの類の職業

この辺は接する事なく、プロフィール情報から汲み取る事が出来ます。特に一番最後は要注意。ロクな事になりません。

僕自身ホストを4年間やって来たので判るのですが、キャバ嬢や風俗嬢の場合、ピュアな女の子は結構居ます。ですが、ホストやスカウトマンにピュアな男性は中々居ません。勿論、ホスト時代の僕と関わった女性達もロクな結末を迎えていません。

その辺の女性を欺く立ち回りやテクニックだけは凄いので、深入りする前に「関係を持つ前に断つ・最初から関わらない」を推奨します。

Facebook恋活・婚活アプリの登場で、常識のある真面目な出会いの場が誕生しました。本気で、安心な出逢いを求めるなら、間違いなくFacebook恋活・婚活アプリです。

一条敬のお勧め恋活・婚活アプリ

About 一条 敬

一条 敬
ホストの経験から男女間のコミニュケーションを学び、4年間ミッチリと鍛えました。水商売も卒業して、一般社会人として歩み始めたのですが、私生活での刺激や新しい出会いが生まれない現状を打破する為に、出会いアプリを活かし、色々な方々と接点を持ちました。 当ブログでは「出会いアプリ」と「男女間コミニュケーション」についてを書き綴ろうかと思います。

コメントを残す

E-mailとwebsiteは必須項目ではありません

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>