2017/06/28 2:08pm
Home » 出会いテクニック » Facebookが原因で離婚や破局が増えている事実
Facebookが原因で離婚や破局が増えている事実

Facebookが原因で離婚や破局が増えている事実

これはアメリカで取られたデータなのですが「離婚申請をした20%以上はフェイスブックで知り合った相手との情事や会話がその発端」だそうです。今や男女の出会いは「所詮ネット」だなんて軽い言葉で片付ける事は出来ません。

どんな出会い方であろうが、男女間の出会いに違いはなく、どのような関係に発展するかは予想が付きません。

アメリカで離婚申請をした20%以上はFacebookが発端

この統計はアメリカの物だそうですが…

オンラインで離婚を受理する弁護士のデータによると「離婚申請をした20%以上はフェイスブックで知り合った相手との情事や会話がその発端」との統計データが取れているそうです。

フェイスブック等のSNSが一般的になる前からアメリカでは離婚率が毎年上昇傾向になっているそうで、全ての離婚上昇率にSNSが絡んでいるとは限りませんが、結構な数字ですよね。

アメリカでのフェイスブックブームは日本の比ではないのですが、この統計は異常としか言い様がありません。

Facebook利用者は現状の彼氏・彼女に満足していない?

この事から判ることは、リア充アピールしている彼も彼女も「意外と現状の彼氏・彼女に満足していない?」って事が伺われます。視聴率で考えると判るかと思うのですが、こういう数字の20%ってとてつもなく大きい数字です。

しかも、この20%という数字は、離婚を受理する弁護士の統計データですので、コレを「浮気」や「破局」にまで幅を広げると、更にパーセンテージが上がりそうです。

Facebookは匿名性が低く、実際の知人や友人にも更新内容が筒抜けになってしまうので「彼氏彼女に対する不満」は中々オープンに出来ないものです。そんな心情を抱えたまま、男女が出会うと、恋仲へと発展してしまうのも頷けます

Facebook出会いアプリでは、彼氏・彼女持ちや既婚者も居る

僕自身もFacebook出会いアプリを利用していますが「彼氏持ち」「人妻」ってステータスを持っている女の子と知り合う機会が意外と多くあります。恐らくですが、その逆も然りなのでしょう。

そんな女性達は、別に「浮気がしたい!」「離婚したい!」だなんて事を豪語している訳ではなく、「普通に遊びに行ったり、食事をしたい。」と、言ったスタンスで利用していますが、実際の所、何を求めているかは本人しか判りません。

Facebook出会いアプリには本当に色々な利用者が居ます。真面目な出会いを求めているのであれば、そういった人種は避けておきたい所であります。

Facebook恋活・婚活アプリの登場で、常識のある真面目な出会いの場が誕生しました。本気で、安心な出逢いを求めるなら、間違いなくFacebook恋活・婚活アプリです。

一条敬のお勧め恋活・婚活アプリ

About 一条 敬

一条 敬
ホストの経験から男女間のコミニュケーションを学び、4年間ミッチリと鍛えました。水商売も卒業して、一般社会人として歩み始めたのですが、私生活での刺激や新しい出会いが生まれない現状を打破する為に、出会いアプリを活かし、色々な方々と接点を持ちました。 当ブログでは「出会いアプリ」と「男女間コミニュケーション」についてを書き綴ろうかと思います。

コメントを残す

E-mailとwebsiteは必須項目ではありません

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>