2017/06/28 1:57pm
Home » Facebook「恋活・婚活」アプリ攻略 » pairs - 100万人が利用する国内最大級の婚活アプリ
pairs – 100万人が利用する国内最大級の婚活アプリ

pairs - 100万人が利用する国内最大級の婚活アプリ

ペアーズは僕が初めて使ったFacebook出会いアプリです。2014年の1月頃からの使用で半年程が経つのですが、本当に出会えるアプリです。そんなペアーズの概要を、今回の記事でご紹介します。

ペアーズは実名性の高いFacebookで100万人の会員を獲得しています。

過去に出会い系サイトを利用した事がないような、一般的な方の利用者が多く、僕自身もペアーズで知り合った女性曰く「今までこういうサービスを利用したことがありません」「友人に進められて登録してみました」と言った事をよく耳にします。

運営が徹底的に管理している「出会いの場」の治安維持

press_20140528_pairs95

ペアーズは「株式会社エウレカ」が運営・管理しており、サクラや悪質なユーザーが居ないと断言しています。ペアーズを男女が安心して出会える場としての治安維持に努めています。

何処の大手出会い系サイトも「サクラ無し宣言」をしておりますが、Facebook連動型のペアーズは、Facebookの友人数を10人以上を利用条件と定め、Facebookの成りすまし等にも徹底的に目を光らせていますので信憑性は高いです。

更にペアーズは定額制の出会い系サイトですので、女性に対するキャッシュバック制度もなく、「サクラ」や「キャッシュバッカー」に悩ませられる事なく利用する事が出来ますので、本気でパートナーを探す男女にとってこの上ない出会いの場となります。

Pairs - ペアーズの料金体制

paidmember_plan_list

ペアーズは完全月額制で1ヶ月の利用料金は2,980円となっております。月額制の出会いアプリの中でも、かなり安い部類に入っていると思われます。

ペアーズの料金体制は他にも3ヶ月,6ヶ月と、長期利用のプランがあり、月額の料金が割安になり、1ヶ月の利用料金が最大1,800円程まで安くなります。

僕は半年程利用していますが、1ヶ月区切りの料金プランでも充分にペアーズ内の機能を使え、追加課金等は必要ありません。

勿論ですが女性の登録は無料です。

ペアーズ内での「いいね!」とは

ペアーズは相手に「いいね!」を送った後、相手から「いいね!」を貰う事により、お互いのチャット機能が解放され、その後は無制限にメッセージを交換する事が出来ます。

男性ユーザーは「いいね!」の上限が30回ですので、少ないように思えますが

  • 毎日4人のランダム表示された女性に「いいね!」を送れる
  • ログインサービスで「いいね!」の回復

で、充分に利用する事が出来ます。

つまり、毎月1,800円~3,000円という低額にも関わらずその機能をフルに使う事が出来るのでコストパフォーマンスの面でも充分にお勧めする事が出来る出会い系サイトです。

Pairsはコスト・内容と共にお勧め出来る出会い系アプリ

僕は実際にペアーズで1ヶ月間に1~3名程の女性と出会っています。

Pairsを利用中の女性に話を聞いた所「出会い系という類の利用が初めてだった」「何人かは実際に会ったが、今も良い友達をしている」といった話を伺います。

僕は今までアダルト要素も含まれている出会い系サイトを利用していましたが、このようにアダルト要素が一切無い出会い系は、一般的な出会いを求めている男女の質が高く思えます。

皆さんもPairsで良い出会いを見つけて下さい!!

Facebook恋活・婚活アプリの登場で、常識のある真面目な出会いの場が誕生しました。本気で、安心な出逢いを求めるなら、間違いなくFacebook恋活・婚活アプリです。

この記事の恋活・婚活アプリ

About 一条 敬

一条 敬
ホストの経験から男女間のコミニュケーションを学び、4年間ミッチリと鍛えました。水商売も卒業して、一般社会人として歩み始めたのですが、私生活での刺激や新しい出会いが生まれない現状を打破する為に、出会いアプリを活かし、色々な方々と接点を持ちました。 当ブログでは「出会いアプリ」と「男女間コミニュケーション」についてを書き綴ろうかと思います。

コメントを残す

E-mailとwebsiteは必須項目ではありません

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>